JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)
[広告]

パラメトリック変形|その他|Jw_cad anchor.png

図形の中間部分のみを伸縮し図形の大きさを変えるパラメトリック変形機能

parame01.png

パラメトリック変形機能は、図形の中間部分以外は移動するだけで大きさは変わらない。
また、寸法図形をパラメトリック変形すると寸法値も同時に変更される。

  • パラメトリック変形機能で伸縮できるのは、直線と寸法図形のみである。
  1. [パラメトリック変形]コマンドを選択する。
  2. 範囲選択モードになるので、パラメトリック変形で伸縮を行う図形の部分を選択範囲枠の仮線が通過するように、選択範囲の始点または終点を指示して範囲選択を行う。
    • パラメトリック変形で伸縮される直線は点線の選択色で表示される。
  3. コントロールバー[選択確定]を左クリック(L)して確定する。
    • コントロールバー[基点変更]を左クリック(L)し、パラメトリック変形の基準点を指示すると、同時に範囲選択も確定する。
    • [追加範囲][除外範囲][<属性選択>]は[範囲選択]コマンドと同様だが、[追加範囲]では伸縮する部材を指定できない。
  4. コントロールバーの表示が切替わる。変形方向を指定する。
    • コントロールバー[任意方向]を左クリック(L)すると、表示が[任意方向]→[X方向]→[Y方向]→[XY方向]→[任意方向] の順に切替わる。
      右クリック(R)で逆順になる。図形は、このボタンに表示されている方向に変形される。
    • 軸角が設定されている時は、その軸角に対する方向になる。
  5. マウスを移動すると基準点が追従しパラメトリック変形した図形が仮表示されるので、マウスで指示すると、その位置にパラメトリック変形した図形が作図される。

Page Top

基準点の変更 anchor.png

[パラメトリック変形]コマンドで、コントロールバー[基点変更]を左クリック(L)し、基準点を指示する。

  • 基準点を指示して範囲選択を終了した場合以外は、マウスの指示位置に複写する時の基準点(マウスの位置になる点)が選択図形の中心付近に自動的に決められている。
    したがって、図形をマウスで正確な位置に複写するには基準点を指定しておく必要があるが、数値位置による変形では必要ない。

Page Top

変形倍率の設定 anchor.png

[パラメトリック変形]コマンドで、コントロールバー[倍率]入力ボックスに複写倍率を入力する。

  • 無指定の時は、倍率「1,1」になる。

Page Top

変形回転角の設定 anchor.png

[パラメトリック変形]コマンドで、コントロールバー[回転角]入力ボックスに複写角度を入力する。

  • 無指定の時は、回転角「0」になる。

Page Top

数値位置による複写 anchor.png

複写する位置を元図形に対しての相対座標で指定してパラメトリック変形する。

  1. [パラメトリック変形]コマンドを選択し、図形を選択する。
  2. 必要に応じて、倍率などを設定する。
  3. コントロールバー[数値位置]入力ボックスに、変形する位置を、元図形に対しての相対座標のX値、Y値で入力し、[Enter] キーを押す。
  • 軸角が設定されている時は、その軸角に対する方向になる。

Page Top

変形する他の図形の再選択 anchor.png

パラメトリック変形後、コントロールバー[再選択]を左クリック(L)すると、再び図形の範囲選択モードに移行する。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki