JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)
[広告]
Page Top

円の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. 円の中心点にする位置を指示すると、マウスカーソルの移動に追従して仮円が表示される。
  3. 円の位置にする円周点を指示すると(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、円が作図される。

Page Top

円弧の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[円弧]にチェックを入れる。
  3. 円弧の中心点にする位置を指示すると、マウスカーソルの移動に追従して仮円が表示される。
  4. 円弧の円周の始点にする位置を指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。
    ここで指示した始点の位置が円弧の始点と半径になり、マウスカーソルの移動に追従して円弧が仮表示される。
  5. 円弧の終点をクリックすると、指示した始点から終点までの円弧が作図される。

Page Top

終点位置を半径にした円弧の作図 anchor.png

[円弧]コマンドで、コントロールバー[円弧]にチェックを入れると、コントロールバー[終点半径]が有効になる。
ここにチェックを入れると、円弧の終点位置で半径が決定される。

Page Top

半径を指定した円・円弧の作図 anchor.png

[円弧]コマンドで、コントロールバー[半径]入力ボックスに作図する円・円弧の半径を入力して、円の中心位置にする点を指示すると (左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点、その半径の円・円弧が作図される。

  • 円を直径で指定することはできないが、コントロールバー[半径]入力ボックスでは計算式が使用できるので、ここに[直径寸法/2]を入力することで指定できる。

Page Top

楕円の作図 anchor.png

[円弧]コマンドで、コントロールバー[扁平率]入力ボックスに作図する楕円の扁平率を入力して、楕円の中心位置にする点を指示すると (左クリック (L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、その扁平率の楕円が作図される。
扁平率とは楕円の基準軸方向の半径に対する垂直方向の半径の率である。

  • 半径が指定されている時、マイナス(-)値で扁平率を指定すると、その絶対値が楕円の短軸半径になる。

Page Top

基準軸の角度を指定した楕円の作図 anchor.png

[円弧]コマンドで、コントロールバー[傾き]入力ボックス無指定の場合、楕円の基準軸は水平(0度)になり、傾き(角度)の数値を入力すると、その方向を基準軸として楕円が作図される。

  • コントロールバー[傾き]入力ボックスの右端の▼を左クリック(L)すると、以前に入力した入力角度の数値のリストが表示されるので、選択すると入力できる。
    また、▼を右クリック(R)すると「数値入力」ダイアログが表示されるので、マウス操作のみで数値入力できる。
  • 軸角が設定されている時は、軸角からの角度になる。

Page Top

中心以外を基点にした円の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[基点]を左クリック(L)して、円の基点を変更し、以下のような作図ができる。
半径が指定されていない場合
基点は円周上点になり、直径の端点位置(円周点)を指示してから、他方の直径の端点位置(円周点)を指示すると、1と2を直径とする円が作図される。
半径が指定されている場合
基点が円に外接する長方形の中心→左上→左中→左下→中下→右下→右中→右上→中上→中心と順に切替えることができるので、切替えてから円の位置を指示する。コントロールバー[基点]を右クリック(R)とすると逆順に切替わる。
  • 傾きが設定されている時、基点として「円に外接する長方形の中心」以外を指定した場合は、その基点は、設定されている傾きに対する円の位置になる。

Page Top

半円弧・半楕円弧の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[半円]にチェックを入れる。
  3. 半円の直径の一方の端点位置を指示する。
  4. 半円の直径の他方の端点位置を指示する。
  5. 半円を作図する方向を指示する。
  • 扁平率を設定すると半楕円弧になる。

Page Top

3点を指示した円(円弧)の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[3点円]にチェックを入れる。
    • 3点を指示した円弧を作図する場合は、作図コントロールバー[円弧]にチェックを入れる。
    • 初期設定を円弧の作図にするには、環境設定ファイル「S_COMM_8」の⑨を変更する。
  3. 円周の1点目(円弧の一方の端点)の位置を指示する。
  4. 円周の2点目(円弧の他方の端点)の位置を指示する。
  5. 円周の3点目の位置を指示する。

Page Top

半径を指定し、3点を指示した円(円弧)の作図 anchor.png

  1. [円弧]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[半径]入力ボックスに半径を入力する。
    • 3点を指示した円弧を作図する場合は、作図コントロールバー[円弧]にチェックを入れる。
    • 初期設定を円弧の作図にするには、環境設定ファイル「S_COMM_8」の⑨を変更する。
  3. コントロールバー[3点円]にチェックを入れる。
  4. 円周の1点目(円弧の一方の端点)の位置を指示する。
  5. 円周の2点目(円弧の他方の端点)の位置を指示する。
    • 1点目と2点目との距離が半径の2倍(直径)以上の場合は計算できない。
      作図ウィンドウ左上部にそのメッセージが表示されるので作図し直す。
    • 1点目と2点目との距離が半径の2倍(直径)と同じ場合は、コントロールバー[半円]を利用する。
  6. 仮表示されている複数の円(円弧)の中から作図したい円(円弧)を指示して作図する。
    半径を指定している場合は仮円が2つ(円弧では4つ)表示される。
    マウスに近い円(円弧)が書込み線種で表示され他の1つ(円弧では3つ)の円(円弧)が補助線種で表示される。
    補助線種の円(円弧)の近くまでマウスを移動するとその仮円(円弧)が書込み線種になる。
    作図したい円(円弧)が書込み線種で仮表示された状態で左クリックする。

Page Top

多重円の作図 anchor.png

[円弧]コマンドで、コントロールバー[多重円]入力ボックスに数値を入力すると、多重円が作図される。

  • 数値が+の場合は、分割数になる。分割数は実数で指定でき、小数点以下の数値は多重円半径に対する最小円の半径の割合になる。
    たとえば多重円数[4.5]の場合、最小円の半径が多重円半径の差の1/2になる。
  • 数値が-の場合は、その絶対値が多重円半径と内側の円の半径の差である二重円が作図される。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki