JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)
[広告]

矩形|作図|Jw_cad anchor.png

kukei01.png



現在の書込みレイヤに現在の書込み線種で矩形を作図する。

  1. [矩形]コマンドを選択する。
  2. 線の始点位置(矩形の頂点)を指示すると()(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、マウスカーソルの移動に追従して矩形の仮線が表示される。
  3. 線の終点位置(矩形の対角点)までマウスを移動させ、指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。

Page Top

[線]コマンドへの移行 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[矩形]のチェックを外すと、始点と傾きの入力値がそのままの状態で[線]コマンドに移行する。

Page Top

水平または垂直の矩形の作図 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[水平・垂直]にチェックを入れると、水平または垂直の矩形が作図される。

  • この指定は、傾き(角度)指定よりも優先する。
  • 軸角が設定されている時は、軸角に対して水平・垂直になる。

Page Top

傾き(角度)を指定した矩形の作図 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[傾き]入力ボックスに作図する矩形の傾きの角度を入力すると、その角度の矩形が作図される。

  • コントロールバー[水平・垂直]にチェックが入っている時は無効になる。
  • コントロールバー[傾き]入力ボックスの右端の▼を左クリック(L)すると、以前に入力した角度の数値のリストが表示されるので、選択すると入力できる。
    また、▼を右クリック(R)すると、「数値入力」ダイアログが表示されるので、マウス操作のみで数値入力が行える。
  • 軸角が設定されている時は、その軸角からの角度になる。

Page Top

寸法を指定した矩形の作図 anchor.png

  1. [矩形]コマンドを選択する。
  2. コントロールバー[寸法]入力ボックスに矩形の寸法を、横寸法と縦寸法の2数値をカンマ「,」で区切って入力するが、1数値のみを入力した場合は横寸法と縦寸法が自動的に同じになる。
    • コントロールバー[寸法]入力ボックスの右端の▼を左クリック(L)すると、以前に入力した寸法の数値のリストが表示されるので、選択すると入力できる。
      また、▼を右クリック(R)すると、2数値入力の「数値入力」ダイアログが表示されるので、マウス操作のみでの数値入力や、入力単位の「m」と「mm」との切替えが指定できる。
  3. 矩形の基準点を指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。
  4. マウスを移動させると手順で指示した基準点が矩形の中心・左上・左中・左下・中上・中下・右上・右中・右下の9カ所のみになるので、作図したい矩形が仮表示された位置でクリックする。

Page Top

ソリッドの作図 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[ソリッド]にチェックを入れると、ソリッドが作図される。

kukei02.png

コントロールバー[任意色]にチェックを入れると任意色で作図される。

  • [任意□]ボタンを左クリックすると任意色の設定が行える。
kukei03.png


Page Top

対角線 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[ソリッド]にチェックがあるとき、[(対角線)]にチェックを入れると、対角線のみがソリッド属性を持った線として作図される。

Page Top

多重矩形の作図 anchor.png

[矩形]コマンドで、コントロールバー[多重]入力ボックスに[数値1 , 数値2]の形式で2数値を入力すると、多重矩形の作図になる。

  • 数値1が+の場合は、分割数になる。多重矩形数は実数で指定でき、小数点以下の数値は多重矩形寸法の差に対する最小矩形の寸法の割合になる。
    たとえば、多重矩形数が[4.5]の場合、最小矩形寸法が多重矩形寸法の差の1/2になる。
  • 数値1が-の場合は、数値1の絶対値の厚みの矩形が作図される。
  • 数値2が+の場合(0以外)は、指定した数値の半径で丸面取される。
  • 数値2が-の場合(0以外)は、指定した数値の辺寸法で角面取される。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki