JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)

AUTOモード|作図|Jw_cad anchor.png

マウス操作で、線・円・矩形の作図、線編集(伸縮・線消去・線部分消・コーナー処理・複線)を行うモード

auto01.png

AUTOモードを使用すると、CADの面倒な操作の1つであるコマンド選択を行わずに基本的な作図と編集が行える。
コマンド選択の煩わしさから解放されるばかりではなく、視点を作図位置からずらさずに作業が進められ、より効率的な作図が行えるようになる。
また、各自が使用頻度の高いコマンドをマウスのドラッグ操作によるクロックメニューに割付けておくことで、さらに効率的な作図環境が自由に構築できる。

Page Top

マウスの左ボタンによる操作 anchor.png

Page Top

始点が任意点の線の作図 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円などの読取範囲外の位置で始点を左クリック(L)すると、その位置が線の始点になる。
    コントロールバーの表示は[線]コマンドと同じ内容に切替わる。
    • AUTOモードでの読取範囲は「10ドット×AUTOモードの読取り倍率」になるので、指示位置の近くに線・円などがある場合は、画面を拡大して、線・円などから離れた位置で左クリック(L)する。
  3. [線]コマンドと同じ方法で終点位置を指示し(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、線を作図する。

Page Top

中心が任意点の円・円弧の作図 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円などの読取範囲外の位置で左ダブルクリック(LL)すると、その位置が円の中心点になる。
    コントロールバーの表示は[円弧]コマンドと同じ内容に切替わる。
    • AUTOモードでの読取範囲は「10ドット×AUTOモードの読み取り倍率」になるので、指示位置の近くに線・円などがある場合は、画面を拡大して、線・円などから離れた位置で左ダブルクリック(LL)する。
  3. [円弧]コマンドと同じ方法で円位置を指示し、円または円弧を作図する。

Page Top

線・円の部分消し anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、その線・円が選択色に変わる。
  3. 2.の線・円上の範囲内の位置(垂直範囲内)を指示すると、その位置からの部分消去になる。
    左クリック(L)で任意点を指示した場合は任意点からの部分消去、右クリック(R)で読取点を指示した場合は読取点からの部分消去になる。
    • 左クリック(L)する時、他の線・円の読取範囲内ではクリックしないようにする。
    • 右クリック(R)する時、指示した線上の読取点でない位置ではクリックしないようにする。
  4. 部分消しの終点を指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。同じ点を指示すると切断になる。

Page Top

線・円の節間消し anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、その線・円が選択色に変わる。
  3. 2.の線・円上の位置を左クリック(L)で指示する。
  4. 2.の線・円上の節間消しをする節間の読取点でない位置を右クリック(R)で指示する。
  • 右クリック(R)する時、指示した線上の交点・端点等の読取点付近ではクリックしないようにする。
    読取点が付近にある場合は画面を十分に拡大して読取点範囲外を右クリック(R)する。

Page Top

線・円の指定点までの伸縮 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、その線・円が選択色に変わる。
  3. 2.の線・円上の範囲外の位置(垂直範囲外)を指示すると、指定点までの伸縮になる。
    • 左クリック(L)する時、他の線・円の読取範囲内ではクリックしないようにする。
    • 右クリック(R)する時、指示した線上の読取点でない位置ではクリックしないようにする。
  4. 伸縮の終点を指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。

Page Top

線・円の消去 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、その線・円が選択色に変わる。
  3. 2.の線・円上の読取点以外の位置を右クリック(R)で指示すると、その線・円が消去される。

Page Top

コーナー処理 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、線・円が選択色に変わる(この線・円をA線とする)。
  3. A線以外の線・円(B線)を左クリック(L)で指示すると、A線とB線がコーナー処理される。

Page Top

基準線までの線伸縮 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示すると、線・円が選択色に変わる(この線・円をA線とする)。
  3. A線以外の線・円(B線)の読取点以外の位置を右クリック(R)で指示すると、A線がB線(基準線)まで伸縮する。

Page Top

マウスの右ボタンによる操作 anchor.png

Page Top

始点が読取点の線の作図 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円などの読取点の位置で始点を右クリック(R)すると、その位置が線の始点になる。
    コントロールバーの表示は[線]コマンドと同じ内容に切替わる。
  3. [線]コマンドと同じ方法で終点位置を指示し(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、線を作図する。

Page Top

中心が読取点の円・円弧の作図 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円などの読取点の位置で始点を右ダブルクリック(RR)すると、その位置が円の中心点になる。
    コントロールバーの表示は[円弧]コマンドと同じ内容に切替わる。
  3. [円弧]コマンドと同じ方法で円位置を指示し、円または円弧を作図する。

Page Top

複線 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円を右クリック(R)で指示すると、その線・円が選択色に変わる。
    コントロールバーの表示は[複線]コマンドと同じ内容に切替わる。
  3. コントロールバー[複線間隔]入力ボックスに複線間隔を入力する。
    または、ここで作図ウィンドウ内の読取点以外の部分で右クリック(R)すると前回値になる。
  4. 複線を作図する方向を指示する。

Page Top

矩形の作図 anchor.png

  1. [AUTOモード]コマンドを選択する。
  2. 線・円などの読取点以外の位置で右クリック(R)すると、コントロールバーの表示が[矩形]コマンドと同じ内容に切替わる。
    • AUTOモードでの読取範囲は「10ドット×AUTOモードの読取り倍率」になるので、指示位置の近くに線・円などがある場合は、画面を拡大して線・円などから離れた位置で右クリック(R)する。
  3. [矩形]コマンドと同じ方法で始点位置と終点位置を指示し(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)、矩形を作図する。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki