JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)
[広告]

作図ウィンドウ内でのマウス操作|基本操作|Jw_cad anchor.png

mausu.jpg

図面データの入力、編集、画面の拡大縮小操作などを行うためのマウス操作を下表に示します。
これらのマウス操作を細かく使い分けることによって、より効率的な作図が行えます。

種類Jw_cad での表記動作
左クリック(L)free左ボタンを押して放す
右クリック(R)Read右ボタンを押して放す
左ダブルクリック(LL)左ボタンを押して放す動作を2回連続して行う
右ダブルクリック(RR)右ボタンを押して放す動作を2回連続して行う
両ボタンクリック(または両クリック) 左右のボタンを同時に押して放す
両ボタンドラッグ(または両ドラッグ) 左右のボタンを同時に押したままマウスを移動し放す
左ボタンドラッグ(または左ドラッグ) 左ボタンを押したままマウスを移動し放す
右ボタンドラッグ(または右ドラッグ) 右ボタンを押したままマウスを移動し放す


Page Top

左クリックと任意点指示 anchor.png

  • ステータスバーに「(L)free」という表示がある時に作図ウィンドウ内で左クリック(L)すると、指示したそのままの位置に入力されます。
  • 任意点とは作図ウィンドウ上の任意な位置をいい、左クリック(L)は、その他、一般的な図形の指示に使用します。

Page Top

右クリックと読取点指示 anchor.png

  • ステータスバーに「(R)Read」という表示がある時に作図ウィンドウ内で右クリック(R)すると指示した位置の近くにある点(読取点)を読み取ります。
  • 近くに読取点がない場合「点がありません」というメッセージが表示されます。
  • 読取点とは仮点・実点、線・円弧の端点、線・円弧と線・円弧の交点、文字列の左下・右下などの点のことをいいます。
    また特殊な読取点として線・円弧の中心点、線・円弧の線上点、円上1/4(1/8)点があります。
  • 右クリックはその他線切断や複線での前回値などの指示にも使用できます。

Page Top

左ダブルクリックと基準線指示 anchor.png

  • ステータスバーに「(LL)」という表示がある時に作図ウィンドウ内で左ダブルクリックすると、その時のステータスバーに表示されている機能が選択されます。

(例として、「2線」コマンドで「基準線変更(LL)」と表示されている場面があり、ここで左ダブルクリックすると、クリックした位置に書かれている線が基準線となります)

  • 2.5D」コマンドと「日影図」コマンド以外では、通常のダブルクリックとは異なり、1回目のクリック後にマウスを動かさなければ、2回目のクリックとの時間間隔が空いても、ダブルクリックとみなされます。
    逆に、左ダブルクリックが割当てられている場合に、左クリックを動作させるためには、クリック後にマウスを動かす必要があります。

Page Top

右ダブルクリックと基準線指示 anchor.png

  • ステータスバーに「(RR)」という表示がある時に作図ウィンドウ内で右ダブルクリックすると、その時のステータスバーに表示されている機能が選択されます。

(例として、「伸縮」コマンドで「基準線指定(RR)」と表示されている場面があり、ここで右ダブルクリックすると、クリックした位置に書かれている線が基準線となります)

  • 寸法」コマンドの「寸法値の変更」以外では、通常のダブルクリックとは異なり、1回目のクリック後にマウスを動かさなければ、2回目のクリックとの時間間隔が空いても、ダブルクリックとみなされます。
    逆に、右ダブルクリックが割当てられている場合に、右クリックを動作させるためには、クリック後にマウスを動かす必要があります。

Page Top

両ボタンクリック・両ボタンドラッグと画面操作 anchor.png

両ボタンクリックは、画面中央への移動に割当てられています。
両ボタンドラッグは、ドラッグの方向により、拡大表示、縮小表示、全体(範囲記憶)表示、前倍率表示に割当てられています。
下表に、両ボタンドラッグの方向と機能の関係を示します。

両ボタンクリックおよび両ボタンドラッグ方向と画示機能の関係
両ボタン左上方向のドラッグ1/2縮小表示
両ボタン右上方向のドラッグ画面全体表示、範囲記憶画面表示
両ボタン左下方向のドラッグ前倍率表示と画面表示機能の関係
両ボタン右下方向のドラッグドラッグ範囲拡大表示
両ボタンクリックのみ画面中央へ移動


  • 動画共有サイト「YouTube」から

  • 両ボタンクリック=画面中央への移動
    マウスの左右ボタンの両方とも押したまま、マウスを動かさずに放すと(両ボタンクリック)、その位置が画面の中央に移動します。
    両ボタンを押している間、マウスカーソルの位置に「移動」という文字が表示されます。

  • 両ボタン右下ドラッグ=範囲拡大表示
    マウスの左右ボタンの両方とも押したまま、マウスを右下方向に移動すると(両ボタン右下ドラッグ)、マウスカーソルの元の位置と現在の位置を対角の頂点とする長方形が表示され、作図ウィンドウ左上部に「拡大」という文字が表示されます。
    ここで、そのままマウスを動かして拡大したい範囲を長方形で囲んでからマウスボタンを放すと、その範囲が作図ウィンドウ全体の大きさに適合するように拡大表示されます。
    (マウスホイールによる拡大表示も可能です)

  • 両ボタン右上ドラッグ=画面全体表示、範囲記憶表示
    マウスの左右ボタンの両方とも押したまま、マウスを右上方向に移動すると(両ボタン右上ドラッグ)、元の位置に「全体」と表示されるので、ボタンを放すと用紙全体の幅が画面の横方向のサイズに適合するように全体が表示されます。
    ただし、「画面倍率・文字表示設定」ダイアログで画面範囲を記憶している場合は、範囲記憶画面の表示になり、その範囲が作図ウィンドウ全体に表示されます。

  • 両ボタン左上ドラッグ=1/2縮小表示
    マウスの左右ボタンの両方とも押したまま、マウスを左上方向に移動すると(両ボタン左上ドラッグ)、元の位置に「縮小」と表示されるので、ボタンを放すと画面が1/2に縮小表示されます。
    (マウスホイールによる縮小表示も可能です)

  • 両ボタン左下ドラッグ=前倍率表示
    マウスの左右ボタンの両方とも押したまま、マウスを左下方向に移動すると(両ボタン左下ドラッグ)、元の位置に「前倍率」という文字が表示されるので、ボタンを放すと、直前に画面表示していた倍率の表示に戻ります。

Page Top

両ボタン操作が有効にならない場合の対処法 anchor.png

機種によってはマウスの両ボタンを押してもズーム操作に移行しない場合があります。
これはマウスの両ボタンを押す操作が別の機能に割当てられているためで、その場合はWindowsのコントロールパネルからマウスのプロパティを開き、左右ボタンの同時押しを「中ボタン」(機種によっては「オートスクロール」などと呼称)に割当てれば改善されます。

Page Top

ズーム操作後の注意点 anchor.png

ズーム操作後に他のアプリケーションを実行すると、左クリックしても右クリックのような動作をする場合があります(ポップアップメニューが表示されるなど)。この現象は、いったん右クリックすると、以降は解消されます。
なお、これは、Windows98/MeなどのOS上で起こる現象であり、Windows2000/XPなど、NT系のOSでは起こりません。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki