JWW情報館からの お知らせ
メンテナンス作業実施のため
しばらくの間
表示が不安定になります。
MENU(ツリー式)
[広告]

消去|編集|Jw_cad anchor.png

図形の消去・部分消去・範囲選択消去、切取り消去・切断などを行う

syoukyo01.png


Page Top

図形の消去 anchor.png

図形の消去が右クリック(R)で行える。

  1. [消去]コマンドを選択する。
  2. 図形を右クリック(R)で指示すると、その図形が消去される。
  • コントロールバー[選択順切替]を左クリック(L)すると、[線等優先選択消去]と[文字優先選択消去]が切替わる(作図ウィンドウ左上部に表示され、初期状態は[線等優先選択消去])。
    [線等優先選択消去]の場合は実点→線・円・曲線・ブロック図形・ソリッド図形→文字の順に選択され、[文字優先選択消去]の場合は文字→実点→線・円・曲線・ブロック図形・ソリッド図形の順に選択され、消去される。
  • [範囲選択]コマンドにより図形が選択された状態で[消去]コマンドに移行すると、移行と同時に選択された図形が消去される。

Page Top

部分消しと切断 anchor.png

  1. [消去]コマンドを選択する。
  2. 線・円を左クリック(L)で指示する。
  3. 部分消しの始点を指示する(左クリック(L)で任意点、右クリック(R)で読取点)。
  4. 部分消しの終点を指示すると、線・円の一部分が消去される(下図の水色部分が消去部分)。
    円は始点から左回り方向で終点まで消去される。始点と同じ位置を指示すると切断になる。
  • 切断の時、コントロールバー[切断間隔]入力ボックスに数値を指定すると、指定した間隔で切断される。
    コントロールバー[実寸]のチェックが外れている場合、切断間隔は用紙寸法のmm単位になる。
  • 切断の時、コントロールバー[実寸]にチェックを入れると、切断間隔は実寸法(縮尺により図面上での間隔が変わる)になる。
    m単位、または、その他の単位(尺)が設定されている場合、実寸法はその単位の寸法になる。

Page Top

線の一括消去 anchor.png

線の部分消去または消去を一括して行える。
一括処理を行う図形の選択方法は、範囲選択とは異なり、2つの直線を指示してその間の直線を選択図形にする。
直線のみが一括処理の対象になる。

Page Top

一括部分消去 anchor.png

  1. [消去]コマンドで、コントロールバー[一括処理]を左クリック(L)する。
  2. 一括処理の部分消去する消し始めの基準線(直線)を左クリック(L)で指示する。
  3. 一括処理の部分消去する消し終わりの基準線(直線)を左クリック(L)で指示する。
    消し始めの基準線と同じ線を指示すると切断になる。
  4. 一括処理で部分消去を行う始めの直線を左クリック(L)で指示する。
  5. 一括処理で部分消去を行う終わりの直線を指示する。
    始めの線の指示点と終わりの線の指示点を結ぶ仮線が表示される。
    この仮線と交差している直線が選択され一括処理の対象線になる。
    直線を左クリック(L)で指示すると、交差している直線がすべて選択される。
    直線を右クリック(R)で指示すると、始めの線と同じ属性の交差している直線が選択される。
  6. 一括処理で部分消去を行う直線の追加と除外を行う。
    選択されていない直線を左クリック(L)で指示すると追加選択され、選択された直線を左クリック(L)で指示すると選択が解除される。
    作図ウィンドウ内で右クリック(R)すると確定になり、次の手順7が省略され、一括処理が実行される。
  7. コントロールバー[処理実行]を左クリック(L)すると、一括処理が実行される。
Page Top

一括消去 anchor.png

  1. [消去]コマンドで、コントロールバー[一括処理]を左クリック(L)する。
  2. 一括処理で消去を行う始めの直線を右クリック(R)で指示する。
  3. 一括処理で消去を行う終わりの直線を指示する。
    始線を指示した点と終線を指示した点とを結ぶ仮線が表示される。
    この仮線と交差している直線が選択され、一括処理の対象線になる。
    • 直線を左クリック(L)で指示すると、交差している直線がすべて選択される。
    • 直線を右クリック(R)で指示すると、始めの線と同じ属性の交差している直線が選択される。
  4. 一括処理で消去を行う直線の追加と除外を行う。
    選択されていない直線を左クリック(L)で指示すると追加選択され、選択された直線を左クリック(L)で指示すると選択が解除される。
    作図ウィンドウ内で右クリック(R)すると確定になり、次の手順が省略され、一括処理が実行される。
  5. コントロールバー[処理実行]を左クリック(L)すると、一括処理が実行される。

Page Top

範囲選択消去、連続範囲選択消去 anchor.png

  1. [消去]コマンドでコントロールバーの[範囲選択消去]か[連続範囲選択消去]を左クリック(L)する。
  2. 範囲選択の操作([範囲選択]コマンド参照)で、消去する図形を選択する。
    コントロールバー[選択確定]を左クリック(L)して選択を確定すると、その図形が消去される。
    • [範囲選択消去]では、図形消去後に範囲選択消去が終了し[消去]コマンドの初期状態に戻る。
    • [連続範囲選択消去]では、図形の消去後も[範囲選択消去]の状態が継続する。
  • 切取選択や範囲外選択を行った場合、選択範囲にまたがった図形は切取られて消去される。
  • コントロールバーの[範囲選択消去]または[連続範囲選択消去]を右クリック(R)すると範囲内外にまたがる線の消去(切取消去ではない)になる。

Page Top

線・円の節間消し anchor.png

□節間消しにチェックを入れる。

  1. 線・円を左クリックで指示する。
    指示した線・円上に他の線・円との交点または点(実点、仮点)がある場合、指示点から2方向にある直近の交点・点の間が消去される。
    交点・点が無い場合は線・円消しになる。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki